おすすめPCソフトやWEBサービス、PCトラブル解決など

PCユーザーメモ

PCトラブル

Windows UpdateエラーでWindows7を修復。

更新日:

こんにちは、チヂミです。

先週の日曜日は、待望のCaptureStream7月29日対応版のインストールを行ったのですが…。

その前に、それと同じくらい重要なパソコン作業も行いました。

それは、Windows7の修復。

実は、1ヶ月くらい前から、メインで使っているWindows7パソコンのWindows Updateがうまくいかなくなり、何度試しても必ずインストールに失敗してしまうファイルが出てくるという、異常事態になってしまいました。

Windows Updateのエラーコードが「80073712」と表示されていたので、調べてみたところ…。

マイクロソフト提供の「システム更新準備ツール」を使うと、Windows の更新プログラムやサービス パックのインストールを妨げる可能性のある問題を修正する可能性があるとのことだったので、試してみたところ、私の場合、残念ながら問題は修正されませんでした。

システム更新準備ツールで問題が修正されない場合、Windows を修復する必要があります」(「Windows Update エラー 80073712」ページより引用)とのことだったので、「これは大変なことになってしまった」と思いながらも、ひまを見つけては、少しずつ個人データをUSBメモリにバックアップ。Windows修復の機会をうかがっていました。

先週の日曜日は予定がなかったので、懸案のWindows7の修復にトライしてみることに。

OSの再インストールは何度も行ったことがありますが、Windowsの修復は、パソコン歴13年目にして初めて。

Windows7を起動した状態から、DVDドライブにWindows7のインストールディスクを入れて読み込ませるという、してはならないことをしているようなドキドキ感。

Windows を修復しても、個人用ファイルや、お使いのコンピューターにインストールされているプログラムは破損しません。」(「Windows Update エラー 80073712」ページより引用)ということはわかっているものの、もしもこのまま個人データやインストールしたソフトが消えてしまったらどうしようとという不安感。

いつもの見慣れたWindowsのインストール画面が表示され、手順通りに、修復なのになぜかインストールの種類で「アップグレード」を選択。

何の問題もなく、Windowsインストールの準備が自動的にはじまって、インストールの完了まで小一時間。

最後にOS認証の画面が出て来ましたが、こちらも問題なく完了。

ドキドキものでWindowsを起動してみたところ、個人データやインストールしたソフトはそのままでした。

Windowsの修復を行うと、システム自体は新規インストールと同じ状態になっているみたいで、その後パソコン作業と並行しながら、大量のWindows Updateをインストール。

最終的に確認してみたところ、ひっかかってインストールされないままになっていたWindows Updateファイルの問題も、無事解決していました。

副産物として、1年ちょい使って、かなり重くなっていたWindows7が、はっきりとわかるくらい軽くなっていました。

Windows XPパソコンを使っていた頃は、OSが重くてどうしようもなくなると決まって、OS再インストールを行なっていましたが、このWindows7の修復っていいですね。

個人データもインストールしたソフトもそのままで、OSだけ新しくなるので、Windows7パソコンが重くて仕方がないという方は、実行してみてもよいのではないでしょうか。

ただし、もしもの時のために、個人データはちゃんとバックアップしておくことをおすすめします。

ではまた。

From チヂミ

adsense

adsense

-PCトラブル

Copyright© PCユーザーメモ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.